×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

顔のリフトアップで若く張りのある顔に

スポンサード リンク

顔のリフトアップ

顔のリフトアップというのは、顔の皮膚のシワやたるみを減らすことを意味します。

日焼けで紫外線をあびたり、ストレスなどにより顔が老化して、顔の筋肉や皮膚に、年齢を重ねていくうちにシワやたるみができます。

シワやたるみが多いと年齢の積み重ねを実感してしまったり、酷いときには気持ちが暗くなってしまう事もあるでしょうし、実年齢よりも老けて見えてしまったりすることもあります。

顔の皮膚のシワやたるみは昔から、女性にとっての悩みの種ではないでしょうか。

近頃は男性にもリフトアップに関する情報は求められており男性向けのエステサロンや美容整形の体験モデルに男性が登場されている事も少なくありません。

出来る事ならいつまでも若々しくありたいと思う方は、女性にとっても男性にとっても同じなのではないでしょうか。

そのような悩みが、顔のリフトアップをすることで解決するのならば、チャレンジしてみたいという人もいるでしょう。

調べてみると、顔のリフトアップといってもその方法は案外たくさんあります。

顔のリフトアップといえば、20年くらい前の主流であったのは、メスを美容整形で頭皮にいれることで、引き上げる手術です。

メスを使った美容整形手術は、傷や腫れが治るのに時間を必要とするために外出を控えざるを得ませんでした。

当時は、冷たいご近所からの視線を感じたり、リフトアップは多くのリスクと引き換えに手にするものだったのです。

顔のリフトアップは、今では個々のニーズにあったものを選べるようになり、外科的手術の他にもコラーゲンやヒアルロン酸注入、レーザー治療や化粧品、マッサージなどの方法があるのです。

レーザーによる顔のリフトアップ

スポンサード リンク

顔のリフトアップを、美容外科や皮膚科でするのには、レーザーを使った方法があるようです。

法令線という鼻の脇から口元にかけてできるものなど、30代や40代などのたるみが気になり始めた比較的年齢が若い人に良い方法です。

美容外科や皮膚科によって、それぞれいろいろな種類のリフトアップの方法を行っているようですが、レーザーの特徴は、メスを入れることなく顔のリフトアップができるということです。

レーザーによる顔のリフトアップは、最近では、大変人気の高い方法となっているといえるでしょう。

顔のリフトアップを目的としたレーザーの多くは、真皮層全体の水分を加熱することでコラーゲンを収縮し強力な引き締め効果をもたらします。

肌の内側から顔のリフトアップをするために、肌に張りや弾力を与えるコラーゲンをつくる役割の繊維芽細胞を刺激しながら、長期的なコラーゲン増生を促していきます。

レーザーによる顔のリフトアップの施術は、10分程度で済み、麻酔や入院も必要なく帰りには化粧をして帰れるほど手軽なものです。

2回から5回程度の施術で、機械の種類によって違いますが、かなり効果があるでしょう。

ピリピリする事も、施術後は軽い日焼け後のようにあるようですが、2日程度でおさまるので安心です。

その効果は徐々に出てくるのものですので、顔のリフトアップが、仕事場の人や家族のように、毎日接する人達にも気づかれること無く行えますので、精神的にも楽な方法といえるでしょう。

効果が期待される回数を施術すると、料金は15万から20万が相場だということです。

どちらにしても、カウンセリングを病院できちんと受け、納得したうえでレーザーによる顔のリフトアップ施術をすることが大切ではないでしょうか。

自宅でできる顔のリフトアップ方法

自宅で手軽にできる顔のリフトアップ方法はあるのでしょうか。

美容外科や皮膚科に行く勇気は、顔のリフトアップは気になるとはいえ、ないという人もいるでしょう。

気軽に自宅でできる顔のリフトアップの方法を、そんなにお金もかけたくないしという方にご紹介したいと思います。

肌を活性化させ顔のリフトアップにとても効果があるのが、リンパ排泄マッサージや筋肉ストレッチマッサージという自宅でできるマッサージです。

加齢による目のたるみは目元の筋肉の衰えから来るもので筋肉をほぐして鍛えることで目元の血行も良くなりクマや小じわをふせぐ対策にもなります。

まぶたのムクミを解消しすっきりとした目元になるためには、毎日続ける事が大切です。

顔のリフトアップをレーザーを施術する場合にも、まぶたにはしないので、化粧品や自力でのマッサージが、まぶたのリフトアップには必要となるのです。

前頭骨がズレたり、ゆるむことにより額のシワはできるので、全頭骨をマッサージでほぐし、上に引き上げることがポイントです。

さらに額のマッサージは顔のリフトアップの要でもあります。

額にむくみが出ると額の皮膚が下がり目にもたるみを感じてしまうからです。

そしてアゴは顔の中でもリンパが流れにくい場所なので、むくんで二重あごにもなりやすいのです。

これを解消するには普段あまり使用しないあごの筋肉を動かしリンパをしっかり流すことで顔のラインのリフトアップになります。

自宅で誰でも簡単にできる、自分の指を使ってする顔のリフトアップでも効果が期待できそうです。