×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

クレンジングオイルの使い方と洗顔

スポンサード リンク

クレンジングオイルとは

クレンジングオイルはどのような化粧品なのでしょか。

それでは、クレンジングオイルの特徴や使い方とはどんなものなのでしょうか。

オイルで毛穴の汚れ、メイクや大気中の汚染物質を落とすことを、クレンジングオイルは化粧品の目的としているといいます。

クレンジングオイルは、お肌の汚れの馴染みが良く洗い上がりはさっぱりとしていて、ベタベタとした感触が無いのが特徴です。

メイクが落ちやすいという事で、クレンジングオイルを選ぶ人は多く、人気の化粧品ですが、クレンジングオイルの使い方を間違えるとお肌のトラブルの原因になります。

油汚れはオイルに溶ける性質があるので、石鹸等の洗顔料でクレンジングするよりもオイルで素早く、メイクによるお肌の汚れを浮き立たせて取り除くのに効果的です。

クレンジングオイルの特徴は、界面活性剤が多めに配合されているものが多いということです。

お肌への刺激が、クレンジングオイルは他のタイプの洗顔料と比較すると、落ちが良いだけに強いといえます。

クレンジングオイルは汚れを落とす力が強いので、気をつけなければならないのは、クレンジングオイルで汚れを落とす為に必要以上に肌をこすったり強くマッサージしてしまうことです。

クレンジングオイルには、肌の保湿成分迄奪ってしまうという欠点があるからです。クレンジングオイルでは、出来るだけ短時間で洗い上げることが大切です。

クレンジングオイルで長時間洗顔すると、逆にお肌を傷つけてしまい肌のかさつきや、にきびの原因になってしまうからです。

なるべくクレンジングオイルの使用を避けた方が良いのは、乾燥肌や敏感肌の人です。

皮脂成分が多いTゾーンや、目の周り等のポイントメイク等を落とす場合に、クレンジングオイルを使う効果的だといえるでしょう。

クレンジングオイルという化粧アイテムは、化粧汚れの強い場所に、カット綿や綿棒を使って、スポットクレンジングとして使用するときにもおすすめです。

クレンジングオイルの使い方について

スポンサード リンク

クレンジングオイルの使い方についてご紹介します。

普通の洗顔料だけで済ませてしまうと、汚れが肌のキメに残ってしまうというのが、クレンジングオイルを使う理由です。

洗顔がなぜ大切なのかというと、スキンケアは、肌の汚れを落とすに始まり落とすに終わるといわれるからです。

何故なら肌の老化をどんどん進める事に、メイクもほこりも肌に残したままだとなってしまうからです。

美肌を保つために、メイク汚れはどのようなクレンジング剤の使い方をすれば良いのでしょうか。油性のクレンジングで落とす必要が、メイクの油性の汚れにはあります。

メイク汚れのほかに顔の汚れには、汗・ほこり・ちりの様な親水性の汚れと、皮脂の様な親油性の汚れとがあります。

親水性の汚れを、普通のクレンジングオイルでは落とす事が出来ないので、ダブル洗顔をしなければなりません。

上級グレードのクレンジングオイルの場合は、普通のタイプのクレンジングオイルと違い、親油性の汚れをまず始めに浮かした後、水を加えるとオイルが親水性へと変化するというものがあります。

石鹸みたいに乳化して、汗やほこりも一緒に包み込むことが可能なのです。

ゴシゴシこすって肌を傷める事無く、オイルが親水性に変化するタイプのクレンジングオイルなら、親油性汚れも親水性汚れも同時に簡単に落とす事が出来るというのがメリットだといえます。

肌に不要な油分も残すことなく洗うことができるのです。

クレンジングオイルはメイク汚れの落ちもさる事ながら、美肌に役立つ有効成分も差がありますので、自分の肌に適したクレンジングオイルを選択するようにしましょう。

クレンジングオイルによる洗顔

優れたクレンジングオイルには、天然植物オイルがたっぷり配合されており、豊富な天然有効成分を含んでいるのが特徴です。

上級グレードのクレンジングオイルは、オイルでありながら水と混じりやすい特性を持ったものが多く、オイルとは思えない程のサラサラ感があります。

肌の細かいキメや毛穴の汚れと良くなじみ、驚く程簡単に浮かし出す事が出来るので、べとつきが無いだけではないメリットがあります。

クレンジングオイルが、世界中のモデルの間で定番なわけは、肌への負担無く強力なメイクもきれいに落とすことが可能だからです。

より簡単に汚れを落とすだけでなく美肌に効果的な成分を、品質の良い植物オイルが配合されたなめらかな上質クレンジングオイルならば、たくさん含んでいるのです。

休日等ノーメイクで過ごした日は、洗顔だけで済ませている人も多いでしょう。

ノーメイクとはいえ、色素や油の成分がスキンケアや日焼け止めにも含まれているので、洗顔をクレンジングオイルで行うことをおすすめします。

クレンジングオイルによる洗顔で、ノーメイクでも肌がベタついている時に脂成分を落とす事で、ローションや美容液の浸透がけっこくよくなるものです。

朝のクレンジングオイルによる洗顔もお勧めです。皮脂や汗は睡眠中でも分泌されますので、肌表面は皮膚についたほこりで汚れているものです。

洗顔をクレンジングオイルによって行うことで、しっとり洗い上げれば化粧のりもばっちりです。

クレンジングオイルによる洗顔を、毎日のスキンケアに取り入れてみてはいかがでしょうか。